居酒屋が若いサラリーマンの社交場ならば、バーはちょっと熟れて味が出てきた社会人達の憩いの場といえよう。暗めな店内に入ると目の前に広がる長いカウンターテーブルと間隔を広く置いて並べられたハイチェア。カウンターの向こうには淡い室内灯に照らされて綺麗に光るお酒のボトルやバーボングラスが並び、ビシッとした制服を着こなすバーテンダーと話を楽しみながらカクテルを傾ける若い女性。こんなイメージが想像出来ないだろうか?

日本には良いバーがたくさんあり、外国人にも密かに人気がある。下手したら彼らの方が私たちよりよっぽど詳しいかもしれない。世界のバーに長年興味があった私は、バーに詳しそうな外国人に出会えば、「世界1のバーはどこか?」という質問をするのだが、多くの人から必ずと言って良いほど名前が挙がるバーが3つある。今日は、過去10年間の独自のリサーチとインタビューから導き出したトップ3の世界のバーを紹介して行こう。

  1. 香港の“Argo”

早速登場したArgoは、高級リゾートホテル「Four Seasons」内に構える全70席のバーです。お店の名前はギリシャ神話に登場する船のArgoが由来しています。世界的に見てもSDG’Sの取り組みが加速しているのは一目瞭然ですが、新装開店を果たしたArgoのオープニングを飾るメニュー「Here Today, Gone Tomorrow」(今日はあるけど、明日はどうか?)は、気候変動によって将来的に絶滅してしまうかもしれない食材を取り扱っており、Argoの環境への取り組みが垣間見えます。

  1. LAの“Thunderbolt”

アメリカの西海岸、ダウンタウンLA(ロサンゼルス)付近に位置する歴史的なエコーパーク。その公園から徒歩ですぐの場所に“Thunderbolt”というバーが存在します。深い緑色のペインティングが落ち着く店内では、一般的な暗いバーというイメージでは無く、どこかボタニカルな色合いで纏められたお洒落なカフェの様にも見えます。お酒の種類も幅広く用意されていますが、このお店の大人気メニューのフィリピン料理は『絶対に食べた方が良い』と、アメリカの友人に強く勧められました。何を隠そう、お店があるエリア近辺はフィリピン人街としても知られていて、本場の美味しいフィリピン料理が食べる事が出来る場所としても結構有名な地域なのです堅苦しく無い綺麗な店内で乾杯しましょう。

  1. メルボルン“Hope St Radio”

オーストラリアにあるメルボルンという大きな街にかなり変わったバーがあるという話を聞きました。アーティスト達によって廃校の中に建てられたコンプレックスから運営されているラジオ局には珍しくワインバーも併設されています。Collingwoodにある”Hope St Radio”では、店内でDJの生演奏を楽しんだり、広い屋外のスペースで仲間と踊りながら楽しむ一時は格別です。最高級のワインセレクションにHope St Radioのレストランを指揮するシェフのエリー・ブハダナ氏の大人気イタリアンも絶対にチェックして下さい!